個人情報漏えいの危険性

パソコンも一家に一台の現代社会において、便利なインターネットでホームページにアクセスし
通販で購入したことがある方も大勢いるのではないでしょうか。
その時、名前、連絡先、商品届け先の住所など、個人を特定する情報を入力したかと思います。
パソコンの前にはあなた一人だけであっても、入力した大切な個人情報は誰かに盗み見されている危険性があります。

インターネットが普及し、進化を遂げるIT社会において、同じく悪質なウイルスやスパムも進化を遂げている現実があります。
個人情報の入力フォームで、サーバーとの通信を行うことで、自分のパソコンとサーバーとの通信を第三者が盗み見し
情報を漏えいしてしまうという恐ろしいことも珍しくありません。

では、個人情報を漏えいしないためにはどのように対策をすればいいでしょうか。

パソコンのセキュリティーソフトは有効です。しかし、パソコンのセキュリティーソフトはパソコンの内部のセキュリティーの為
パソコンの外部とのやり取りでの効果が薄い場合があります。

個人情報の漏えいを防ぐために簡単に行える対策が、ウェブページのURLを確認することです。

個人情報を入力するフォームのURLをご確認ください。
”https://~”となっている場合、該当のページにSSLという暗号化のセキュリティーが掛かっています。
SSLは自分のPCからサーバーまでの接続を暗号化し、第三者からの盗み見を防ぐ役割があります。
また、SSLでの接続を適応しているホームページは信頼ができるウェブページであると言えます。

URLが長いもの、短いものもURLの初めが”https://~”であれば暗号化されて
買い物する方も安心して利用することができます。

もしあなたが、ネットショップや個人情報を入力するページをお持ちの場合、
SSLが適用されているかご確認ください。
SSLを利用することで、買い物をするお客様は安心して利用でき、SSLを導入したサイトはお客様からも信頼され
サイトを利用していただく機会が増えるかもしれません。’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です