ITの今後のソーシャルが楽しみですね

ツイッターやフェイスブックなどのインターネット上での新しいコミュニケーションのスタイルである、ソーシャルのメディアが広まって来ました。今は誰でもそれをやっているというような時代です。

以前までは、ツイッターを始めたんだと聞くと、時代の最先端を行ってるなと思ったり、フェイスブックと聞くと、それってなに?と言っていたような人が、当然のようにそれを活用してインターネット上で、人々との交流を深めています。

でもそれは決して重い繋がりではないのです。どちらかとういうと緩いようなもので、浅く広くという言葉が合いそうな、そんな繋がりです。自分のことは表現したいし、人のことも気になる、だから緩くはつながっていたい、仕事大変だねとかお疲れ様というようなことは文章としては交わしたりします。でもそれが友達かといえば、友達までは行かないように思います。

ITの業界においても、ソーシャルのメディアにおいて、例えば集団で集まっている人たちに対しての働きかけというようなことをして、それをビジネスに結びつけたりするというような行動が出来るようになることが必要になってくると思います。

せっかくそこに人が集結しているわけですから、その人たちに向けて何か発信しなければいけないのではないでしょうか。ただそのやり方というのはなかなか難しいものです。同じようにツイッターやフェイスブックの中に入って行くことが必要になります。そして興味深い内容を提供しなければいけません。そういった積極的な動きをITがしていかなければいけない時代です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です