IT企業が考える流行

IT関連企業にてリリースするサービスや商品は、日常生活の利便性を考えたものや
企業を対象としたオフィスシステム、ソーシャルネットワークなどがある。

また、年齢層にターゲットを置いたサービスもリリースされることがあり、
その時の流行によってどのような商品を作っていくのか考えていくのだ。

たとえば一人一台は持っている携帯電話、スマートフォン。
この携帯電話、スマートフォンはアクセサリ感覚でも持つ若者も多く
デザイン性を重視しているものも多い。

そこで、販売戦略としては、流行のアニメやブランドとのコラボレーションを実現として
若者の好感を得て、発売をすることで、
様々なメディアや雑誌で取り上げられての発売となり
売り上げも伸びる傾向にある。

しかし、流行の傾向を把握してなくてはせっかくの資金を投じて行った
コラボレーションもヒットすることはなくなってしまう。

また、携帯電話に限らず、オンラインゲームなどのイベントや
ソーシャルネットワークの分野でも同じことが言える。

オンラインゲームに関しては、ユーザーには女性と男性のどちらが多いのか、年齢はどれくらいが多いのか。またその比率から人気のアニメなどでコラボレーションをしてイベントとすることも多い。

様々なサービスや製品が生み出される中、ターゲット年齢層を絞り
開発していくことは実に重要で、ヒット商品を作るためには必要なのかもしれない。
これから先は、IT業界でさらにクラウド利用が加速すると見られている。エンジニア自身ももっと自分が活躍し飛躍するために情報の流れを学ぶ必要がありそうだ。

参考になりそうなサイトを一つ見つけたので、ここで共有>>http://xn--u9j9era1a0c9c9a1am65arb9f0078dhcpa.com/

日々進化するIT企業と優秀なエンジニアたちに今後さらに期待しよう。

Leave a Reply